コンテナ型コンパクトファーム

製品情報コンテナ型コンパクトファーム

植物栽培用コンテナとは

植物栽培用コンテナとは

植物工場には大別し、太陽光型と人工光型(閉鎖)の2種類が有ります。
輸送用コンテナを利用したコンテナ型は後者:人工光型タイプとなり、光源LED、室内で完全に環境制御された中で無農薬栽培を行う農場といえます。
人工光型の農場は、国内だと都市型向けをメインに研究開発用途、レストランやカフェなどの店産店消向け、病院内、商業施設等で設置され現在利用されております。
コンテナ型は既成の40フィートサイズの輸送用ISO規格コンテナを利用し、栽培用に内装を施し、光、温湿度、炭酸ガス、溶液等すべての環境制御をコンテナの中で行い、播種~収穫までを行うことが可能です。
ご要望に応じて20フィートタイプやそれ以下のサイズのミニタイプもお客様のご予算に応じてご提案可能です。

詳細は弊社植物栽培コンパクトファーム営業課迄お気軽に御問合わせ下さい。

コンテナ型コンパクトファームのメリット

コンテナ型コンパクトファームのメリット

コンテナ型コンパクトファームは、40フィートサイズを中心に取り扱いを行っており、様々な場所で設置可能。気候、土壌等の条件に左右されず、無農薬での生産が可能で、コスト、品質、無農薬による長期保存野菜の生産が可能です。

日本国内を例に挙げますと、獣害や、暖冬での農作物の収穫低迷、台風シーズン中は特に被害が集中し、台風上陸後は農産物等に多大な被害を与え、市場が大きく乱れてしまいます。
その点、コンテナタイプは外部の影響をほとんど受けず、一定の品質で生産できます。
また、敷地が有れば、コンテナを少しずつ連結し、作物の生産を分けることも可能ですし、スペースが限られている場合には積み上げることも可能ですので、狭小地での設置も可能です。放置されている土地や空きテナント、ビルの屋上や、高架下など、「空き」を有効利用するに最適な不動産運用も可能です。

輸送の面でも陸上輸送、海上輸送が容易で、移設から稼働まで短期間でスムーズに行えます。

主なサービス・ご提案内容

コンテナ型コンパクトファームを販売するだけでなく、専門協業パートナー様と共に、お客様最適なソリューションをご提案しております。

主なサービス・ご提案内容

例えば、コンテナ内での栽培レシピや、現場の作業改善、人材育成や販売支援、加工品までパッケージでご相談を承ります。

コンテナ型コンパクトファームはこちら

TOPへ戻る